Azure DevOps 2019/8/12の更新

今回は時間があったので、割と早く翻訳が終わりました。というわけで、Sprint 156のリリースノートの翻訳です。オリジナルはこちらから読んでください。

docs.microsoft.com

今回は主に、Azure Boardsの機能強化が多かったですね。投票でコメントディスカッションにリアクションつけられるようになったのはGitHub的でうれしい人も多いんじゃないかなと思います。人によってはもうロールアウトされているようです。

グループメンバー向けにWork Itemのフィールドの一部を読み取り専用にするとか、必須にするとかはエンタープライズ向けにとても便利だと思います。運用は結構大変かと思いますが…。

同一Azure AD内にあるOrganizationのartifactsをupstreamソースとして設定できるのもうれしいですね。どこかの部門が部品やセキュリティチェック通ったパッケージのみ集中管理できるようになるので、効率的になりそうです。

DockerイメージをいちいちACRにプッシュしなくても、そのままAKSへデプロイできるようになるのは特定のブランチでのビルドはACRにプッシュしたくないという、テスト用に便利そうです。

イントラネットで自前のビルドエージェントを運用していて、outboundのアクセス制限をかけている組織はpublish test resultsタスクでエラーが出ることがあるそうです。https://*.vstmrblob.vsassets.io への通信を許可するようにしてください。Azure DevOpsが提供するMicrosoft-hostedエージェントに関しては必要ありません。

長い間全く手が入らなかったAzure TestsもようやくUIの刷新から手を付けるようになったようです。楽しみですね。

リリースノートとは関係ないですが、プレビュー版のEdgeを使った場合、Azure DevOpsのサイトをアプリとしてインストールできるようになります。メニューの…から「アプリ」→「このサイトをアプリとしてインストール」を選んでみてください。Azure DevOps Server 2019でもできるはずです。

ではまた三週間後。

Translate to Japanese to Azure DevOps release note ...

Azure DevOps 2019/7/22の更新

ちょっといろいろあって、翻訳滞っているうちに、Sprint 156がリリースされましたが、Sprint 155のリリースノートの翻訳を行いました。オリジナルはこちらから読んでください。

docs.microsoft.com

今回もいろいろ強化が行われていますが、Sprint 155リリースの後、4つほどの新機能がしれっとリリースノートに滑り込まれています。原文のFeaturesの一覧には載っていませんが、翻訳の方には付けています。

具体的にはこの辺です。

  • Pipelineの変数グループと変数を管理するコマンドのサポート
  • Pipelineのキャッシュ(パブリックプレビュー)
  • PRブランチ用のパイプラインを実行する
  • 最初のパイプライン実行をスキップする
  • サービスエンドポイントコマンドの強化

あと、リリースノートが最初に公開されたとき、Google Analytics拡張機能はデッドリンクだったので一度リンク削除されていましたが、正式公開されたので、訳文ではリンクをつけています。

Pipelineのキャッシュはすでにブログで公開されていたので、ご存じかと思いますが、「最初のパイプラインをスキップする」のは非常に欲しい機能だったので(これいつも鶏と卵の関係でイライラしてた)、非常に助かります。

あと、ブランチを新規作成した時にCIが実行されてしまうというのもいつもイライラしていたので、これまた非常に助かります。ただし、GitLab Flowのような「新しくブランチを作ることにより、CIをトリガーする」挙動に依存しているフローでは困ることも分かっています。これはたぶん設定か何かで改善されるのでしょう。

今まで乱立していたHosted poolでどれが並列度を消費しているのかわかりづらかったので、今はAzure Pipelinesという仮想的なhosted poolにまとめられることになりました。従来の設定はリダイレクトされるので、特に変更する必要はありません。これは大規模環境で便利だろうと思います。

GitHubアカウントを持っている人はGitHubアカウントでコラボレーターとして招待できるようになったのもいいですね。

あと、Azure DevOpsには間接的に関係ありますが、GitHub ActionでのCI/CDがサポートされました。こちらのバックエンドはAzure Pipelinesだそうです。エージェントのみforkしているようですね。

次のSprint 156のリリースノートの翻訳はなるべく早く出します…。

Translate to Japanese to Azure DevOps release note ...

Azure DevOps 2019/7/1の更新

Azure DevOps Sprint 154のリリースノートの翻訳を行いました。オリジナルはこちらから読んでください。

docs.microsoft.com

今回はいろいろ強化点が多いですね。UIの変更も多いようです。Test Planプレビューはリリースされているようなことを書いていますが、私のOrganizationにはまだ来ていないようです。ゆっくり待ってみます。

Work Itemのlive updateはいいですね。多人数のプロジェクトではとても役立つと思います。

インスタントサーチも便利です。今までいちいち検索していたのは大変でした。

プロジェクトのプロセス変更も長い間待っていたので、大変うれしい。とりあえず個人プロジェクトは全部Basicにしようかなぁと思っています。

今までわかりづらかったHosted poolの管理が仮想的なプール一つにまとめられてわかりやすくなるのもよさそうです。

今までFeature Flagを管理するサービスは LaunchDarklyが有名でしたがOptimizelyもサポートするそうです。

そのほかの機能強化も便利そうなものがたくさんです。ではまた三週間後。

 

Translate to Japanese to Azure DevOps release note ...

Azure DevOps 2019/6/10の更新

Azure DevOps Sprint 153リリースノートの翻訳を行いました。オリジナルはこちらから読んでください。

docs.microsoft.com

今回はスケジュールもcronの形式で書けるようになったのが大きいですね。UIでのビルドスケジュールは廃止の方向だそうなので、今から慣れておくといいと思います。

Windowsでやってきた人にはcronの書式ってつらいんですよね。順番が逆なので、しばしば間違えます。Unixのcronは次いつ動くのかも出てこないので…。ただ、ワンライナーで定期的に動くスケジュールを書けるというのは便利だと思います。

作業項目のテキストファイルのオンデマンドプレビューや、添付ファイルを含めたコピーは助かります。

前回のSprint 152でhosted pipelineのイメージ更新しなかったんですね。Pythonのバグによりバージョンダウンさせたと書いているけど、何が問題だったんだろう。

ではまた三週間後。

 

Translate to Japanese to Azure DevOps release note ...

Azure DevOps 2019/5/20の更新

Azure DevOps Sprint 152のリリースノートの翻訳を行いました。オリジナルはこちらから読んでください。

docs.microsoft.com

今回も少し小幅ですが、コマンドラインツール関係の機能強化が多いですね。強化されるのはいいことですが、更新するのがちょっとめんどい(自動化すればいいんですが)ので、Azure PortalのようにAzure DevOpsにもクラウドシェルがほしいところです。Azure Portal内でいいじゃんとかいわれそうですけど。

テスト関係にも手が入り始めました。Visual Studio 2019 Previewではテストエクスプローラーに手が入りましたが、Azure DevOpsも強化されていくんでしょうか。

Wikiでテーブル書きやすくなるのいいですね。慣れればどうってことないmarkdownのテーブル記法ですが、ExcelのUIのようにGUIで作成および、整形できるのは便利です。特に大きい表は。

ではまた三週間後。

Translate to Japanese to Azure DevOps release note ...

//Build 2019におけるAzure DevOpsの発表

5月6日から8日(US時間)まで開催されていた//Build 2019でのAzure DevOpsの発表がいつものリリースノートとして追加されていましたので、翻訳しました。オリジナルはこちらから読んでください。

docs.microsoft.com

直接的なインパクトがあるのはBasicユーザーの課金の考え方変更と、Artifactsが容量にたいする課金になったということです。その代わり、Basicユーザーにも使えるようになりました。詳しくはこちらも読んでください。

kkamegawa.hatenablog.jp

GitHubアカウントでログインすると、MSアカウントを持っていない人はその場で作成、既存のMSアカウントがある場合は既存のMSアカウントにリンクということもできます。Azure DevOpsを使っていた方はGitHubアカウントに一本化(のようになる)という形に見えます。

プレビューですが、PipelinesのリリースでもYAMLが使えるようになりました。これはMulti stage buildに依存しているので、この機能を有効にしないと使えません。かなり長くなりそうですが、template使えば結構がんばれそうです。素晴らしい解説記事あるので、こちらをどうぞ。

tech.guitarrapc.com

たぶん来週にはSprint 152(153になるのかも)が出るとは思いますので、また一週間後(?)。

Translate to Japanese to Azure DevOps release note ...

Azure DevOps 2019/4/30の更新

Azure DevOps Sprint 151リリースノートを翻訳しました。オリジナルはこちらから読んでください。こちらへの転載を忘れていました…

docs.microsoft.com

//buildがあったからなのか、今回の更新は小幅ですね。個人的にはTeams用Azure Pipelinesアプリがうれしいのですが、私のテナントにはまだ展開されていない?ようで、探しても出てきません。出てきたら試してみようと思います。

Azure BoardsとGitHubの連携強化もうれしい人はいるかもしれません。これはどちらかといえば、MSの中の人でGitHubを公開用レポジトリとして使っている人たちはたぶんすごくうれしいんだろうと思います。

今までも、「外に見える」レポジトリやissue受付はGitHubなんだけど、実際に中の人がコミットするのはオンプレミスのAzure DevOpsや彼らのAzure DevOps Servicesということが良くありました。ローカルでコミットしたファイルはツール(TFVCを使っていたときはgit-tfなど)でGitHubにプッシュしていた、というフローでまわしていました。

これはMSに限ったことでなくて、GitHubができる前から公開されていたソフトにはしばしば見られました。

こういう時issueの連携が結構困ったことになるのですが、それを解消するための手段ですかね。もちろん無理に使わずGitHubで済ませるということもできます。

東アジア圏でうれしいのはエンコーディングサポートですね。これはたまにフィードバックが出ていて、Web編集するとエンコーディングが変わってしまって困る、という問題に対処できそうです。

ではまた三週間後。

 

Translate to Japanese to Azure DevOps release note ...